前へ
次へ

社章の効果は、働く士気に繋がる、社章の良い色

社章は、日本の企業において、様々なものがあり、効果について深く考えていない企業も多いのではないでしょうか。
社員につけるバッチは、社員の意識を左右するものであり、働く士気にも影響を与えてしまいます。
工場などの制服などによっても話は変わってきますが、ほとんどの多くは黒いスーツに社章のバッチをつけられるのではないでしょうか。
黒は、様々な色と調和しやすく、最も目立つ色は赤と黄金です。
赤は、血の色と同じであり、人は赤を見ると興奮状態を引き起こしやすくなります。
黄金は、高級感を感じさせられる色でもあり、社章のバッチを黄金にすれば精神が引き締められやすくなるでしょう。
社章のバッチの色として避けた方が良いのは、灰色です。
灰色は、無機質感を与えやすく、鉄の冷めた印象を与えかねません。
灰色を利用する場合は、ワンポイントとして、どこかに違った色を利用すると良いでしょう。
バッチは、人々の目に留まりやすいため、認識のしやすさについて考えるのも大切です。

Page Top